ワークショップ 手作り茶杓

高山から先生が来てくださり、茶杓を作りました。

無心でただ削る。

そして、出来上がれば、皆形が違う。

個性が出ます。

良い茶杓とは何なのでしょうか?

まだ、初めてなのでわかりませんが、使い手が使いやすい茶杓が良いのでしょうか?

お茶を進めていくと、また良い茶杓がわかるのかもしれません。

名をつけれるのも楽しみの一つ。

先生は初めてなので、「昇龍」何て言うのもよいとおっしゃっていました。

楽しい体験でした。

ありがとうございました。

f:id:nao0o0an:20160506231922j:image